逆転社長塾で、中小企業のための逆転経営、経営計画、日次決算を学ぼう

日次決算を経営に導入して、成功している中小企業をご紹介します。

有名な会社なのでご存知の方も多いと思います。

それは町田市にある家電販売店、「でんかのヤマグチ」です。

もともとごく普通の町の電気屋さんですが、社員50名、売上13億円、そして毎年粗利率をアップさせてきており、過去10年間で粗利率をなんと10%もアップさせたとか。

最近の粗利率はなんと39%!

家電の小売りで粗利率39%というのは脅威的な数字のようです。

そう、まさに中小企業のお手本のような会社なのです。

それをどうやって実現しているのか?

それは一言でいれば「高売り」をすることなのです。

安売りではなく「高売り」です。

行ったことがある人はわかると思いますが、町田という場所は実は家電量販店の激戦地。

量販店は当然「どこよりも安く」という「安売り」で勝負している訳です。

その逆を行く「高売り」。

簡単にできるわけがありません。

それをどうやって実現しているのか?

その秘密は・・・

  • 外から見える部分では「徹底した顧客サービス」
  • そして、外から見えない部分では「日次決算」

この2つです。

そうです、「日次決算」で巨大な家電量販店と戦っているわけです。

ヤマグチで日次決算をどう使っているかというと、

  • 日次決算で毎日粗利を計算し社員と共有することで、会社全体の日々の活動を粗利志向に導くツールとして活用
  • そして、毎日、売れ筋商品や消費動向をいち早く把握して、各販売員の毎日の営業活動に活用

といった具合です。

もし、あなたの会社の粗利率が10%も改善したら、どれだけ利益が増えるか、是非計算してみてください。

その金額に驚くはずです。

そして、それは決して不可能なことではありません。

そのためには、まず日次決算を導入することが必要です。

日次決算で、毎日、商品別に粗利を計算し、日々の営業活動に生かしていくのです。

まだ日次決算を導入されていない方、是非早めに導入してください。

逆転社長塾では日次決算書のフォーマットを無料で提供していますので、それを活用するのも手です。

詳しいやり方を知りたければ、是非「逆転社長塾」に入塾して一緒に作っていきましょう!

逆転社長塾申込み