逆転社長塾で、中小企業のための逆転経営、経営計画、日次決算を学ぼう

日次決算はどんな業種でも導入できるのでしょうか?

答えはYes

小売業など毎日売上げが計上され、現預金が大きく動く会社はとてもわかり易いですね。

これまでどんぶり勘定だった小売業の会社は、私が提唱している日次決算のひな形で、劇的に会社が変わります。毎日の粗利を計算し、毎日粗利アップのための改善アクションを実行することができるからです。

一方で、例えば建設業のように毎日売上げが上がる訳ではない、毎日現預金の大きな動きがあるわけではない、という業種があります。

会計事務所やコンサルティング会社などもそうでしょう。売上げの計上は月末にまとめて行い、入出金も月末に集中する傾向があります。

売上が毎日計上される訳ではなく、入出金も月末に集中する・・・、そんな会社でも日次決算は意味があるのでしょうか?

はい、もちろん意味があります。

実は、日次決算の目的は2つあります。

一つは、会社に「管理会計」をしっかり導入すること。

管理会計とは、社長の意志決定に役立てる、あるいは業績評価を目的とした会計のことで、税務署や株主向けの財務会計と対比されます。

簡単に言えば、税務署向けに試算表や決算書を作るのではなく、社長である自分のために試算表や決算書を作るということです。例えば、商品別や部門別に損益計算することがこれに当たります。

そうすると、どの商品・部署・店舗でどれだけ儲かっているのか、どれだけ改善の余地があるのか、が明確になるわけですね。これは税務署用の決算書を見ていても判りません。

日次決算のもう一つの目的は「スピード経営」を実践することです。

管理会計を導入して簡単な決算を「毎日」実行することで、「毎日」自分の会社の状況を見直すことが可能になり、結果、「毎日」改善アクションを実行できるようになるのです。

毎日毎日、社長も社員も自分の行動を見直すキッカケを与えてくれます。

こう考えると、どんな業種でも日次決算を導入できる、さらに言えば、導入すべきということがご理解いただけるのではないでしょうか?

管理会計と考えれば、業種によっては(例えば建設業など)、毎日、部門別や商品別に粗利を計算しても、数字に変動が無い場合があります。そうした業種で無理に毎日粗利を計算しても意味がありません。

ただ、その業種で、毎日会社の状況を見直し、改善アクションを実行する必要がないのか? と言えば、そうではありません。どんな会社でもスピード経営は大切です。これこそ大企業やライバルに対抗できる手段だからです。

そして、一つ一つの取引が大きくて、売上が頻繁に計上される訳ではない業種であれば、むしろ、日々の改善活動の積み上げが大事なはずです。

そこで、そういう場合には、日次決算において毎日「粗利」を計算することだけにこだわらず、それ以外の重要な経営指標を日次決算に取り込んで、毎日追っていけば良いのです。

例えば、毎日把握すべき指標としては、見積もり件数や見込み客との商談回数などが考えられます。これ以外にも現場の稼働人数や作業の進捗率などもあるかもしれません。

これらの重要な経営指標は、業種により、そして会社により様々。そのため、個々の経営者が自分や自社に適した指標を採用することが大事です。

日次決算は税務署に提出するために行うのではなく、あなた自身とあなたの会社を良くするために行うものです。

そこにルールや規則はありません。

あなたの重要と考える指標を採用し、あなたのやり方で進めていけば良いのです。

どんな会社でも、日次決算を導入すれば生まれ変わります

まだ、導入がお済みでない会社は、是非早めに導入してくださいね。

逆転社長塾申込み