逆転社長塾で、中小企業のための逆転経営、経営計画、日次決算を学ぼう

塾長あいさつ

image
日本には430万社の中小企業が存在すると言われています。これは全企業の99.7%に相当します。その中小企業における就労人数は約2800万人で、全就労人数の70%を占めます。ニュースなどでは大企業の話題しか見ませんが、実は、我が国の会社のほとんどが中小企業であり、その中小企業が大きな割合の雇用を創出しているわけで、日本経済を中小企業が担っていると言っても過言ではないでしょう。一つ一つの会社の規模は小さくても、この小規模な中小企業が全体的に元気になることが、日本経済の活性化の一つの鍵であることは間違いありません。しかし、残念ながら、現実には現在の日本においては中小企業に元気が無いようです。
これを景気のせいにしてしまうのは簡単ですが、こんな経済環境でも成功している中小企業は多数あります。成功する会社とそうでない会社の違いは何なのか?私は長年にわたり中小企業の支援をしている中でいくつか気がついたことがあります。

まず、多くの中小企業の経営者は成長する機会に恵まれていません。中小企業においては社長の成長イコール会社の成長です。社長が成長できなければ、事業を成功させることは難しいのです。成功している会社の社長は、すさまじい勢いで日々成長しているものです。成長するには何が必要なのか?中小企業の社長は事業を進める上で常に難しい判断を迫られています。正しい判断を下すためには、謙虚な姿勢で他者から学び、アドバイスを得て、絶えず成長していくことが不可欠です。しかし残念ながら多くの中小企業の経営者はそのような環境にはいません。数名から数十名程度の中小企業には、社長の右腕になるような経営幹部と呼ばれる人材はなかなか居ないものです。ベテラン社員は居たとしても、本当に社長と同じレベルで経営判断が下せるケースは少ないでしょう。必然、外部に支援を求めることになりますが、一番身近な外部の専門家である税理士は、税務の専門家ではありますが、経営のプロではありません。社長が真に悩んでいることに対して的確にアドバイスをしてくれることを期待することはできません。同業者団体や地元の商工会などの活動に精を出す方も多いですが、同業者や地元の仲間はどうしても利害関係が生じてきますので、真の意味での相談相手にはなり得ません。経営コンサルタントはどうでしょうか?残念ながら、経営コンサルタントは玉石混合で見極めが難しいですし、なによりコスト面で中小企業は気軽に使えるわけではないでしょう。
結果、中小企業の経営者は学び、成長する機会が少ない環境にあるわけです。中小企業の社長の多くは孤独なのです。

image2
さらに、上手く行っていない中小企業には共通した欠点があります。
まず「どんぶり勘定」であること。上手く行っていない中小企業では、月次決算は税理士か経理担当者任せ。お金にはいつも汲々としている割には、資金繰りは適当にやっているなど、何となく「勘」で事業を行っているケースがほとんどです。きちんと数字を把握し現状をしっかり理解した上で経営判断を行っているケースは稀です。そのため誤った判断を下し、失敗したり遠回りしているケースが多々あるのです。

もう一つは、きちんと経営計画を持って経営している会社が非常に少ないこと。経営計画は会社の羅針盤。それ無しで成功することは不可能ではありませんが、それは偶然そうなっただけの話しで、経営計画を作成し実行することで成功する確率が格段に上がるものと信じています。事業で成功するためには、成功するための方程式をまずはしっかり描いておくことが重要です。限られた時間と資源を有効に活用して最短距離で成功するためには、あらかじめ勝てる見込みがあるところで勝負することです。中小企業は大企業の真似をしていては絶対に成功できません。大企業の出来ないことをやり、大企業が手を出さないことをやらなければ絶対に勝てません。それをしっかり記述した、いわば「逆転成功のための事業コンセプト」を明確に設定し、そして経営計画として紙に落とし込み、社員や仲間と常に共有していくことが大事なのです。

このような中小企業に期待される役割と危機的な現状を鑑みて、私は1社でも多くの中小企業を元気にしたい!そして日本が元気な中小企業で溢れる国にしたい!との想いでこの逆転社長塾を立ち上げることにしました。

逆転社長塾は、資源も無い、コネも無い、知名度も無い「普通の」経営者と、「普通の」中小企業が「逆転成功」するため考え方やノウハウをお伝えし、実践するお手伝いをすることを目的にしています。ここでは、ビジネススクールで学ぶような通り一遍の経営理論を学習するのではなく、小さな会社だからこそのメリットや強みを生かし、大企業やライバルに打ち勝ち、成功するための「実践的で」「すぐに使える」ノウハウを学びます。

具体的には、

・小さな会社に適した経営計画の作成の仕方
・小さな会社が採用すべきランチェスター経営戦略
・小さな会社が採用すべき日次決算のやり方・進め方

などについて学んでいきます。我々が小さな会社の三種の神器を呼ぶノウハウです。

もう一つ大事なこととして、塾生が、経営者仲間を見つけることを支援していきます。実践的な経営ノウハウは学ぶことは簡単ですが、いざ実践しようとするときには様々な難題にぶつかることでしょう。その時に役立つのは同じ経営者である他の塾生やメンターなど、経営者と同じ目線で語り合える仲間の存在です。逆転社長塾では認定コンサルタントや事務局スタッフはもちろんですが、塾生同士のお互いの交流を促進していきます。これにより、本音で語り合える経営者仲間を得て、切磋琢磨し、共に成長していくことを応援していきます。

能力は人並み、コネもお金もいっぱいあるわけではない、という普通の社長や小さな会社が成功するためには、適切な方法を学び、成長し、そしてそれを支援してくれる適切な仲間を持つことです。
それがあればあなたも成功できるはずです。
逆転社長塾で一緒に成功を目指しましょう!

塾長プロフィール

image1
宮井敏臣(みやい・としおみ)
中小零細企業の再建を専門とする公認会計士・税理士・企業再建コンサルタント
 宮井公認会計士事務所 代表
 翔陽税理士法人 代表社員
 株式会社マネジメントパートナーズ 執行役員
著書 『9割の会社がやっていない起死回生の逆転経営~崖っぷち中小零細企業が甦る社長の戦い方』
(明日香出版社)

バブル末期に大学卒業。周りが銀行・証券・生保等に就職するのを横目に、大企業のサラリーマンではなく自分の腕一本で稼ぐことを夢見て公認会計士試験にチャレンジ。大学卒業後すぐに試験に合格し、公認会計士として上場企業の監査業務で社会人キャリアをスタートしたものの、監査という後ろ向きの業務に飽きたらず、起業を目指してその第一歩として渡米し、MBAを取得。卒業後帰国し、株式会社星野リゾートの地ビール事業の責任者として事業立ち上げに参画。星野リゾートの100%子会社である株式会社ヤッホーブルーイングを設立し、取締役醸造所長に就任。工場建設から、製品開発、マーケティング、バックオフィス業務まで地ビール事業立ち上げ時のすべての業務に携わる。
その間、中小企業の経営者は、MBAで教わるような学問ではなく、「実践的な経営ノウハウ」を必要としていること、そしてそれを高いレベルで体得し実践するためには、共に語り合い、切磋琢磨する「経営者仲間」を必要としていること、を痛感。その後は、中小企業の社長向けの支援・教育・ネットワーク作りを目的に、宮井公認会計士事務所及び翔陽税理士法人を立ち上げ。300社を超える中小企業に対して支援を行ってきている。最近では過剰債務に苦しむ中小企業の再起を支援するために事業再生・企業再建コンサルティングにも積極的に取り組んでいる。
なお、現在、6社の代表・役員であり、自身が現役経営者として経営を実践しつつ、他の中小企業の経営者を支援していく、という経営者目線にこだわったスタイルで中小企業支援に取り組んでいる。