逆転社長塾で、中小企業のための逆転経営、経営計画、日次決算を学ぼう

私は仕事柄、中小企業の経営者の相談によく乗っていますが、どんぶり勘定の方がとても多い、と感じています。これこそが中小企業の根本的な問題点だと強く感じています。

「数字は苦手だ」と、お金の管理を経理の担当者や奥さんに任せきりの方も少なくありません。経営者の仕事は営業や開発の指揮を取ることで、数字のようなこまごまとしたことは把握してなどいられない、と思っている方もいるのではないでしょうか。

月末にいくらお金が必要なのか、漠然と判っていても、いくら足りないのかまでは正確に把握していないという方もいます。

経営がうまくいってないのは、実は、どんぶり勘定になっている点に問題があるのです。景気や業界の低迷といった以前に、経営の数字がわかっていないと、会社のかじ取りはできないでしょう。

私は、中小企業の経営者は数字を軽視しすぎていると感じています。

経営とは、自分の商品やサービスを世の中に提供して貢献し、それを通じて自分の熱い想いを実現することです。どれだけ世の中に貢献できているのか、どれだけお客様に満足いただいているのか、どれだけ自分の想いが実現したのか、それは結果として決算における数字で表されます。

そしてお金は経営における血液のようなもの。それが無くなってしまったら経営は続けられないですし、元気に動き回るためには十分な量を常に確保しておかなければなりません。

ですから、経営において儲けの仕組みや資金の流れという数字を理解することは、経営者にとっては重大問題なのです。自分自身で理解し、コントロールしていくべきものなのです。

中小企業の経営者の多くが、いつもお金が足りないと言い、資金繰りに奔走しています。

それはお金が足りないというより、「数字のことがわかっていない」というほうが正しいと思います。

同じ収入であっても、お金のことを判っているかいないかで、残るお金の額に差が出てくるのです。

「いやいや、毎月預金通帳の残高は確認している」「決算書も見ている」と反論する人もいるでしょう。それは本当の意味で、数字を見ているとは言えません。

先日もこんなことがありました。

営業上の入金の回収サイト〈回収までの期間〉と支払サイト〈支払いまでの期間〉が、ほぼ同じ期間に集中している会社がありました。せっかく入金があっても、金融機関などへの返済で、あっという間にお金が出て行っているのです。これではお金はいつになっても貯まりません。

そこで、私はまず一時的に余裕資金を確保するために、営業上の借金の支払サイトを伸ばせるだけ伸ばすよう社長に指示をしました。

ところが社長は、「そんなことは意味がない、いずれ支払うものなのだから結局同じことでしょう?」と難色を示しました。

たしかに、いずれ払うものですから、出ていくお金であるのは間違いありません。

しかし、資金繰りという点では大きな効果があります。

例えば100万円の債務を支払いを1ヶ月伸ばすと、毎月の資金残高は100万円増えて、その分が余裕資金となります。これは借入と同じ効果があり、根本的な対策を取るための時間稼ぎができるのです。

こうしたことは口で説明してもなかなか理解していただけませんが、資金繰り予定表を作って見てみると、残高が増えることを一目瞭然で理解できます。

こうして資金繰りについて「何となく」やっていたものを、しっかり表にまとめて数字に表わさないと、具体的にどのような対策を練ればいいのかわかりません。

会社を再生するための第一歩。それはどんぶり勘定から脱却すること。日次決算書や資金繰り表などを使って儲けが生み出される仕組
みを理解し、お金の流れをしっかりと把握するところから始まります。

そうすれば、いついくら入金があるのか、いつどんな支払があるのか、その結果、いくらの資金が手元に残るのか、細かく判るようになります。そうなると、

  • 手元により多くの資金を残すためにどの商品を販売すべきか?
  • どの入金をどれだけ早めるように交渉すべきか?
  • どの支払をどれだけ遅らせるべきか?

といった、具体的な資金繰り対策を考えられるようになります。

日次決算書、資金繰り表といった名前を聞くだけで、「そんなことやってられない」と思うかもしれません。

しかし、お金のやりくりは、足し算と引き算、掛け算、割り算ができるなら、誰でも理解できます。

逆転社長塾で提案するのは、忙しすぎる皆さんでも必ずできる、シンプルな経営の建て直しです。

逆転社長塾で、一緒に会社を建て直していきましょう!

逆転社長塾申込み