逆転社長塾で、中小企業のための逆転経営、経営計画、日次決算を学ぼう

私は仕事柄、中小企業の経営者の相談によく乗っていますが、どんぶり勘定の方がとても多い、と感じています。これこそが中小企業の根本的な問題点だと感じています。

「数字は苦手だ」と、お金の管理を経理の担当者や奥さんに任せきりの方も少なくありません。経営者の仕事は営業や開発の指揮を取ることで、数字のようなこまごまとしたことは把握してなどいられない、と思っている方もいるのではないでしょうか。

月末にいくらお金が必要なのか、漠然と判っていても、いくら足りないのかまでは正確に把握していないという方もいます。

経営がうまくいってないのは、実は、どんぶり勘定になっている点に問題があります。景気や業界の低迷といった以前に、経営の数字がわかっていないと、会社のかじ取りはできないでしょう。

経営者の仕事は、突き詰めれば、十分な儲けを生み出し続けること、そして経営のおける血液とも言える「お金」の流れをスムーズにすること、になるのではないでしょうか?

そうした儲けとお金の流れをコントロールするためのツールが「日次決算」ですが、特に手元資金が少ない会社にオススメなのが、「日次決算書」に加えて「資金繰り予定表」を作成することです。

お金は経営における血液のようなもの。それが無くなってしまったら経営は続けられないですし、元気に動き回るためには十分な量を常に確保しておかなければなりません。

その為、月末そして数ヶ月先の資金残高を予測するために資金繰り予定表を活用します。

作り方は簡単。

エクセルシートで日足、月足の資金繰り予定表を作成します。フォーマットはネット上で簡単に入手できます。

今月からスタートして、数ヶ月先までの入金予定と支払予定を入力します。資金繰り表ですから、請求日・納品日ではなく、実際に収入・支出がある日(月)にその金額を入力していきます。

必要に応じて、収入と支出は明細を作成して詳細に記載しましょう。入金は得意先別、支出は項目別に分けるとわかりやすいです。

この表を作成すると、いついくら入金があるのか、いつどんな支払があるのか、その結果、いくらの資金が手元に残るのか、細かく判るようになります。そうなると、

  • 手元により多くの資金を残すためにどの商品を販売すべきか?
  • どの入金をどれだけ早めるように交渉すべきか?
  • どの支払をどれだけ遅らせるべきか?

といった、具体的な資金繰り対策を考えられるようになります。

思うほど難しくはありませんので、まだ作成されていない方はすぐに作成をはじめましょう!

逆転社長塾申込み