逆転社長塾で、中小企業のための逆転経営、経営計画、日次決算を学ぼう

中小企業金融円滑化法という法律をご存知ですか?

これは金融モラトリアム法とも言われ、中小企業が金融機関に返済負担の軽減を申し入れた際に、できる限り貸付条件の変更等を行うよう努めることなどを求める法律ですが、2013年春で終了しました。

中小企業の経営を大きく左右する法律であり、その終了により、私を含めて多くの方が中小企業の倒産が急激に増えると予想していました。

ところが、この法律が終了した後、現在に至るまで、銀行が返済期日の延期など中小企業の貸し出し条件を変更する件数は高止まりしたままとのこと。

現在条件変更中もしくはこれから条件変更しようとしている企業にとっては嬉しいことですが、その理由は・・・、

実は、円滑化法の終了時期前後において、金融庁が各金融機関に対し、急激に方針変更しないように相当強いプレッシャーをかけたためと言われています。

私自身も複数の金融機関担当者からそのような話しを伺いましたので、おそらく事実なのでしょう。

法律は終わったにも関わらず、事実上その法律の延長を図るように行政が動いていたわけですね。

おそらく政治家らが政権に悪いイメージを与えかねない倒産の急激な増加を懸念し、金融庁が軟着陸を図ったということではないかと思います。

しかしマクロ的に見れば、本来退場すべき企業の延命につながっているわけですし、金融機関の自由な意志決定を阻害しているわけですから、こうした事態がいつまでも続くとは思えません。

早晩、金融機関が態度を変えてくることは十分に予想されることですので、条件変更中の会社は、やはり自らの力で今のうちから業績の回復を図っていくためにしっかり準備しておく、というスタンスが大事だと思います。

その一つの解決策となるのが、私が提唱している逆転経営術です。

逆転経営術とは、中小企業の強み弱みをしっかりと認識した上で、ランチェスター戦略に基づいて経営計画を作成し、日次決算でPDCAサイクルをしっかり回していく、という一連の活動であり、いわば経営の王道とも呼べるものです。

こうした、一見地味だけれども着実な方法で経営の改善を図っていくことが大事です。

いつ行政や金融機関が方針を変えても困らないように、万全の準備をしておきましょう。

逆転社長塾申込み